オフィス事務用品の四国堂

メニュー:LED蛍光灯レンタル...

有限会社四国堂
オフィス用LED蛍光灯レンタル・販売 

 


オフィス用品の総合商社の四国堂では、節電需要の高まりに対応し、蛍光灯型LED照明のレンタルサービス・販売を開始いたしました。

 

ニーズと従来の問題点...(導入コスト、工事の必要性、粗悪品の横行)

東日本大震災の発生により、福島第一原子力発電所をはじめとして、各地の原発が停止に追い込まれる中、電力不足が国民の喫緊の課題となっております。節電対策として今、LED照明が脚光を浴びておりますが、特に蛍光灯型LED照明においてはその導入コストが高いため、導入を躊躇する企業も多いのが現状でした。

また、従来の蛍光灯型LED照明では電気器具の工事が必須となっており、自社ビルでない企業においては、家主から退去時に現状復帰費用を要求されたり、工事自体の許可がおりないことも多く、導入を断念するケースが大半であることが実情でした。

さらに、昨年札幌市役所で問題になったように、粗悪な蛍光灯型LED照明が横行しており、企業としては品質が保証された良質なLED照明の調達に苦慮していました。

そうした中、有限会社四国堂では、レンタルサービスを始めました。
そうした現状を解決するために、有限会社四国堂は、月額レンタル料を格安に抑え、かつ電気器具工事の必要がない「エコリカ 蛍光灯型LED照明」のレンタルサービス業務、販売を開始いたしました。

また、LED蛍光灯の販売も開始致しました。 40W形と20W形 両方ご準備!

 

 

解決する課題... (工事不要、十分な明るさ、品質保証)

取り扱う「エコリカ蛍光灯型LED照明」は、従来の蛍光管を取り外し、蛍光灯型LED照明に取り替えるだけで使用できる画期的な商品です。また、明るさについても、従来の蛍光管に近い光量を実現しており、かつレンタル期間内の品質保証つきです。

しかも、通常使用電力が40ワットである従来の蛍光管に対して、使用電力が直結時に23ワット、安定器経由時には26ワットと、使用電力を半分近くに減らすことができます。

 

電力不足の解決への貢献

蛍光灯型LED照明レンタルサービスの普及により、1000万本の従来型蛍光管が蛍光灯型LED照明に変われば、約17万キロワットの電力が節約できると試算しております。東京電力管内においては、この夏1500万キロワットの電力不足が起こると言われていますが、これによりその約1%をまかなうことができる計算になります。

 

 

   


■サイトマップ

⇒中小企業のオフィス運営をサポート!『四国堂について』

⇒ご相談・新規取引のご依頼・配達についてなど!『各種お問い合わせ方法』

【印刷・デザイン】

【文具通販・配達】

【オフィス家具・OA機器】

【その他サービス】

   
  ▲TOPへ戻る



▲上へ
オフィス事務用品・印刷 | 総合商社『有限会社四国堂』(東京都杉並区)トップページ